ニコチンガム市場の成長:新興動向と洞察2032

市場概況


世界のニコチンガム市場規模は2023年に16億3,000万米ドルと評価され、2024年の17億米ドルから2032年には25億5,000万米ドルに成長すると予測されており、予測期間(2024~2032年)中に5.1%のCAGRを示します。


健康意識の高まりと病気の蔓延により、市場の成長が促進されると予想されています。Fortune Business Insights™ は、 「ニコチンガム市場、2024-2032 」と題したレポートでこの情報を提示しています。


無料のサンプル調査 PDF を入手: https://www.fortunebusinessinsights.com/enquiry/request-sample-pdf/nicotine-gum-market-106655


ニコチンガム市場レポートに掲載されている主要企業の一覧


グラクソ・スミスクライン(英国)
ジョンソン・エンド・ジョンソン(S.)
ノバルティス コンシューマーヘルス(ドイツ)
ITCリミテッド(インド)
シプラヘルスリミテッド(インド)
ペリゴ カンパニー Plc (アイルランド)
フェルティンファーマ(デンマーク)
アルケムインターナショナル(インド)
レボリマー(英国)
セグメンテーション


入手の容易さから2MGセグメントが優位に


製品タイプ別に見ると、市場は 2mg、4mg、6mg に分類されます。


6mg セグメントは入手が容易なため、主流になると予想されます。この製品は複数のフレーバーで利用できるため、潜在的な消費者を引き付け、市場の発展を促進する可能性があります。この製品は、ニコチンへの渇望と禁断症状を軽減します。


消費者が近隣の店舗で購入することを好むため、医薬品部門が優位に立つ


流通チャネル別では、スーパーマーケットやハイパーマーケット、薬局、オンラインに分類されます。


消費者の信頼と製品基準の保証により、薬局部門が市場を独占すると予想されます。これらの製品のマーケティングと販売は、十分に訓練された薬剤師と一般開業医のおかげで増加する可能性があります。


地域別に見ると、市場は北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東およびアフリカに分類されます。


レポート対象範囲


このレポートでは、牛肉市場とその現在の動向について徹底的に分析しています。成長に貢献する要因と、COVID-19の影響を含む、牛肉市場が直面する障害について調査しています。また、さまざまな地域の進捗状況や、この分野の大手企業が採用している戦略についても説明しています。


推進要因


市場の発展を促進する禁煙キャンペーンの推進


ニコチンガムは、喫煙者の禁煙欲求を軽減するために開発され、2時間ごとに使用されます。研究、政府支援、非政府による支援により、ニコチンガムの人気は高まると予想されています。メーカーも禁煙活動に取り組んでおり、禁煙欲求を抑えるトローチやガムなどの新製品を発売しています。さらに、肺がんなどの喫煙関連疾患の増加もニコチンガムの需要を押し上げ、市場拡大につながる可能性があります。


しかし、ニコチンガムの潜在的な副作用により、将来的には市場の成長が鈍化する可能性がある。


出典: https://www.fortunebusinessinsights.com/nicotine-gum-market-106655


地域別インサイト


健康志向の消費者の増加が北米の市場成長を牽引


健康意識の高い人が増えているため、北米はニコチンガム市場をリードする可能性があります。北米の市場は2022年に650.47米ドルで、大幅に成長すると予想されています。大手ブランドも、世界的なイメージ向上を目指して、高品質の新製品に取り組んでいます。ヨーロッパでは、フランス、イタリア、ドイツ、イギリスなどの国でニコチンガムの販売が増加しており、禁煙を支援する取り組みも需要を高めています。アジア太平洋地域では、新製品の需要が強く、企業間の競争が激化しており、これも市場の拡大に貢献するでしょう。


競争環境


大手企業がブランドプレゼンスを強化するために新製品を発売


市場の大企業は、世界的なブランドイメージを向上させるために、新製品を頻繁に導入しています。たとえば、ニコレットは2019年5月にミントトローチ味のニコチンガムを発売しました。この製品は、なめらかな食感と強いミント味が特徴です。この発売により、同社はより多くの顧客を引き付け、世界的なブランド認知度を高めることができます。さらに、企業は市場での地位を向上させるために、他社の買収、合併、パートナーシップの形成、拡大などの戦略を採用しています。


主要産業の発展


2021 年 7 月: フィリップ モリス インターナショナルは、口腔内および経口投与システムに基づく健康および医薬品の開発および製造会社である Fertin Pharma を買収しました。

ペットフード市場の成長:新興動向と洞察2032

市場概況


世界のペットフード市場規模は2023年に1208.7億米ドルと評価され、2024年の1266.6億米ドルから2032年には1936.5億米ドルに成長し、予測期間中に5.45%のCAGRを示すと予測されています。北米は2023年に42.55%の市場シェアでペットフード市場を支配しました。


Fortune Business Insights™ は、「ペットフード市場、 2024-2032」 と題した最新の調査レポートで、これらの洞察を深く掘り下げています。


分析によると、ペットを飼う人が増えているため、大手企業はペットフードへの投資を増やしている。例えば、マース・ペットケアは、2020年2月から5月にかけて猫と犬のおやつの売上が6.5%増加したと述べている。この傾向は、世界中でペットフードの需要が強いことを示している。


無料のサンプル調査 PDF を入手: https://www.fortunebusinessinsights.com/enquiry/request-sample-pdf/pet-food-market-100554


市場レポートで紹介されている主要プレーヤー:


マース・インコーポレイテッド(米国バージニア州)
ネスレ SA (スイス、ヴェヴェイ)
JMスマッカー社(オハイオ州、米国)
コルゲート・パーモリーブ・カンパニー(米国ニューヨーク)
ゼネラルミルズ社(米国ミネソタ州)
ダイヤモンドペットフーズ(ミズーリ州、米国)
ヘリストAG(オスナブリュック、ドイツ)
Tierfutter Deuerer GmbH (ブレッテン、ドイツ)
メリックペットケア社(テキサス州、米国)
WellPet LLC(マサチューセッツ州、米国)
レポート対象範囲


このレポートは、市場の包括的な概要を提供するために、統計と詳細な分析を組み合わせて徹底的に作成されました。主要な人物やサプライヤーとの詳細な会話が多数掲載されているほか、アンケート、電話、電子メールから収集したデータも掲載されています。さらに、政府の Web サイト、SEC レポート、ニュース記事など、さまざまなソースからのデータも組み込まれています。


セグメンテーション


動物の種類別に見ると、市場は猫、犬、その他に分類されます。


形態に基づいて、業界はスナックとおやつ、ウェットペットフード、ドライペットフードに分類されます。


供給源に基づいて、市場は植物と動物に細分化されています。


流通チャネルに関しては、業界はペットフード専門店、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、オンラインチャネル、その他に分類されます。


地理的に見ると、市場には北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東およびアフリカ、南米が含まれます。


ドライバーと拘束具


ペットの人間化と高級食品の需要が高まり、成長を促進


投資家は、ペットを飼う人が増えることでペットフード市場が急速に拡大すると考えています。大手企業は、裕福な地域と貧しい地域の両方をターゲットに、自社製品を世界的に販売することを目指しています。製品の入手しやすさの向上と消費者の支出の増加により、売上が伸びる可能性があります。さらに、高価で高品質のペットフードの人気が世界中で高まる可能性があります。たとえば、ネスレ ピュリナは、より環境に優しい代替タンパク質から作られたペットフードを 2020 年 11 月に導入しました。プレミアム ペットフードへの将来の投資は、企業に利益をもたらす可能性があります。


しかし、厳しい規制と高価なペットフードに対する消費者の好みが市場の成長を妨げる可能性があります。


出典: https://www.fortunebusinessinsights.com/industry-reports/pet-food-market-100554


ペットフード市場を形成するトレンド


人々はペットの健康を気にし、有害な添加物を避けたいため、ペットフードはより自然でオーガニックなものになってきています。
ペットフード会社は、年齢や健康状態などのペットの特定のニーズに基づいて、ペット向けのカスタマイズされた栄養プランを作成しています。
人々はまた、選択による環境への影響を考慮し、持続可能かつ倫理的に作られたペットフードを求めています。
地域別インサイト


米国でのペットの里親募集の急増で北米が主導権を握り続ける


米国はペットの養子縁組件数の増加により、成長が期待できる市場と見られており、約 8,500 万世帯 (67%) がペットを飼っています。この傾向は今後も続くと予想されており、ペットフード サービスへの投資に適した地域となっています。同様に、アジア太平洋地域のペットフード市場は、ペットに投資する人が増えるにつれて拡大する見込みです。オーストラリア、日本、インドなどの国は、この恩恵を受けると予想されています。ヨーロッパでも、ペットを家族の一員と考える人が増えるにつれて、ペット業界が繁栄すると予想されています。英国では、ペット所有者の 72% がペットの親であると自認しており、高品質でオーガニックなペットフードの需要が高まっています。


競争環境


有力企業は地位向上のため製品ポートフォリオの拡大を重視


企業は、新しい技術、製品、提携、他社の買収に投資することが期待されています。大手企業は、先頭に立つために研究に注力するでしょう。


主要な業界動向:


2023年10月:有名な動物用医薬品会社の1つであるScientific Remediesは、スペインに本拠を置く有名なペットフード会社の1つであるAffinity Petcareとの提携を発表し、インドでまったく新しいブランドであるAffinity Advanceを立ち上げました。

野菜種子市場の成長:新興動向と洞察2032

Market Overview-


The global vegetable seeds market is expected to gain impetus from the increasing awareness regarding the benefits of consuming vegetables in developing and developed countries. The World Health Organization (WHO) declared that lower consumption of fruits and vegetables causes around 1.7 million deaths worldwide per year. This information is given by Fortune Business Insights™ in a published report, titled, “Vegetable Seeds Market Size, Share & COVID-19 Impact Analysis, By Type (Open Pollinated Varieties and Hybrids), Crop Type (Solanaceae, Root & Bulb, Cucurbit, Brassica, Leafy, and Others), Cultivation Method, and Regional Forecast, 2024 – 2032.”


The global vegetable seeds market size was USD 8.14 billion in 2023 and is projected to grow from USD 8.69 billion in 2024 to USD 15.03 billion by 2032, growing at a CAGR of 6.78% during the forecast period (2024-2032).


Get A Free Sample Research PDF: https://www.fortunebusinessinsights.com/enquiry/request-sample-pdf/vegetable-seed-market-103066


This Report Answers the Following Questions:


Which segment is likely to lead the market in the coming years?
Which company would generate the highest revenue in the future?
What are the predicted, historical, and current sizes of the market?
How will prominent firms surge sales of vegetable seeds amid COVID-19?
Cultivating Growth Opportunities:


As the world's population continues to grow, the importance of efficient food production becomes more pronounced. This presents a significant opportunity for the vegetable seed market to expand and meet the escalating demand for fresh produce. From traditional seed suppliers to niche players focusing on organic and non-GMO seeds, the market is teeming with potential for growth and profitability.


Drivers & Restraints-


Rising Inclusion of Vegetables in Diet to Propel Growth


Nowadays, various companies are developing vegetable hybrids to suit the requirements of farmers and consumers. Such vegetables possess a broad range of qualities, such as shelf-life, flavor, shape, color, yield, taste, nutrition, and adaptability. Hence, hybrid vegetable seeds are experiencing more popularity, as compared to the non-hybrid seeds.


さらに、野菜を食事に取り入れる人が増えていることは、栄養失調の解消にも役立っています。多くの発展途上国では、野菜の栄養価の高さは、栄養不足に対する費用対効果の高い治療法であると考えられています。しかし、気候変動は世界中の農業生産にとって大きな問題です。今後数年間、野菜種子市場の成長を妨げる可能性があります。


セグメント-


主要企業による投資増加を背景にナス科植物部門が急成長へ


作物の種類に基づいて、ナス科セグメントは2019年に野菜種子の市場シェアで41.88%を獲得しました。この成長は、ハイブリッドトマトなどの高品質の種子の開発に対する評判の高い野菜種子メーカーによる投資の増加に起因しています。このセグメントは主にピーマン、ナス、ジャガイモ、トマトで構成されています。


出典: https://www.fortunebusinessinsights.com/vegetable-seed-market-103066


ステークホルダーにとっての主なメリット


このレポートでは、現在の機会を特定するために、2022年から2032年までの野菜種子市場のセグメント、傾向、推定、および動向の定量分析を提供します。
これには、主要な推進要因、制約、機会に関する情報が含まれています。
ポーターの 5 つの力の分析は、バイヤーとサプライヤーの影響を強調し、関係者が収益性の高いビジネス上の意思決定を行い、サプライヤーとバイヤーの関係を強化するのに役立ちます。
このレポートでは、現在の機会を特定するために市場セグメントの詳細な分析を提供します。
世界市場への収益貢献度に基づいて、各地域の主要国をマップします。
市場プレーヤーのポジショニングは、市場プレーヤーの現在の立場をベンチマークし、理解するのに役立ちます。
このレポートでは、地域および世界の野菜種子市場の動向、主要プレーヤー、市場セグメント、応用分野、成長戦略を網羅しています。
地域分析-


アジア太平洋地域は農業産業の拡大に支えられ、引き続き最前線に立つ


地理的に見ると、2019 年にアジア太平洋地域は収益で 28 億 6,000 万米ドルを獲得しました。この地域は、園芸作物の栽培面積の増加に後押しされ、今後数年間にわたって支配的な地位を維持する見込みです。それとは別に、農業産業の拡大がこの成長に貢献する見込みです。インドと中国は、野菜の消費量と生産量が多い最も重要な国です。


一方、ヨーロッパでは、育種技術の進歩に支えられ、大幅な成長が見込まれています。これは、高品質の野菜種子の開発に役立ちます。北米では、メキシコと米国からの製品の需要が高くなると予想されています。


野菜種子生産の目的


このタイプの園芸の主な目的は、組織の監督下で高品質の種子を大規模に生産することです。種子を栽培する場所を選択する際の重要な要素には、気候、土壌、病気のない状態などがあります。


種子マーケティングの目的


種子マーケティングの目的は、高品質で改良された種子の品種を手頃な価格で安定的に供給し、農家のニーズを満たすことです。農業小売業者にとって、これは農家に他の農業資材と一緒に種子を販売することを意味します。


競争環境 -


主要プレーヤーは競争優位性を獲得するために買収戦略に注力


野菜種子市場は、合併や買収の増加により統合化が進んでいます。多くの多国籍企業が、高まる需要に応えるために革新的な栽培技術の開発に多額の資金を投資しています。業界の最新の動向は次のとおりです。


2020年4月:サカタ・シード・アメリカは、米国に本社を置くレタス種子会社ヴァンガード・シード社を買収し、多種多様なレタスを市場に投入しました。
2019 年 2 月: シンジェンタ フラワーズは最近、新しい野菜ポートフォリオである Vegetalis を発表しました。これには、高性能のハーブと野菜の種子が含まれています。
世界市場で活動しているすべての野菜種子メーカーのリスト:


BASF SE - ドイツ
バイエルAG – ドイツ
シンジェンタ AG – スイス
グループ・リマグラン - フランス
Rijk Zwaan Zaadteelt en Zaadhandel BV - オランダ
サカタのタネ株式会社
タキイ株式会社 - 日本
Enza Zaden BV - オランダ
イースト・ウエスト・シード - タイ
Bejo Zaden BV - オランダ