ビチューメン乳化剤市場のトレンドの再定義: 2028 年までの洞察、推進要因、予測

市場概況:


世界のビチューメン乳化剤市場規模は、2020年に4,637万米ドルでした。市場は、2021年の4,951万米ドルから2028年には7,254万米ドルに成長し、2021年から2028年の期間に5.6%のCAGRで成長すると予測されています。COVID-19の世界的な影響は前例のない驚異的なものであり、パンデミックの中でビチューメン乳化剤はすべての地域で需要にマイナスの影響を与えています。当社の分析によると、世界の市場は、2017年から2019年の平均前年比成長率と比較して、2020年に1.15%と低い成長を示しました。CAGRの急激な低下は、この市場の需要と成長に起因しており、パンデミックが終息すればパンデミック前のレベルに戻ります。


市場成長:


アスファルト乳化剤市場は、道路建設、防水用途、その他の産業用途におけるアスファルト乳剤の需要増加に支えられ、着実に成長しています。市場の成長は、インフラ開発プロジェクト、都市化、さまざまな地域の老朽化した道路網の修復などの要因によって推進されています。さらに、乳化剤配合の技術的進歩と、持続可能で環境に優しい道路建設慣行への重点の高まりも、市場の拡大に貢献しています。最新の成長率と予測については、最近の市場調査レポートまたは業界分析を参照することをお勧めします。


市場の推進要因:


ビチューメン乳化剤市場の大きな推進力は、世界的に拡大しているインフラ開発と建設活動です。ビチューメン乳化剤は、道路建設、舗装保全、防水加工に幅広く使用されているビチューメン乳剤の製造に使用される必須の添加剤です。特に発展途上国では、効率的で耐久性があり、費用対効果の高い路面に対するニーズが高まっており、ビチューメン乳化剤の需要が高まっています。さらに、持続可能で環境に優しい建設方法への移行により、乳化剤がビチューメン乳剤の作業性と性能を向上させ、製造および適用プロセス中のエネルギー消費と排出量を削減するため、市場の成長がさらに促進されます。


出典: https://www.fortunebusinessinsights.com/bitumen-emulsifiers-market-102165


地域分析:


ビチューメン乳化剤市場の地域分析は、インフラ開発、道路建設活動、政府の取り組み、工業化レベルなどの要因に基づいて異なる場合があります。ただし、いくつかの共通の傾向と洞察が見られます。


北米:北米地域、特に米国とカナダには、インフラ ネットワークが十分に整備されており、道路のメンテナンス プログラムも進行中です。ビチューメン乳化剤の需要は、老朽化し​​た路面の修復と改修、および新しい道路や高速道路の建設の必要性によって推進されています。さらに、持続可能な建設手法と環境に優しい材料の使用への重点が、この地域の市場成長をさらに刺激しています。
ヨーロッパ:ヨーロッパでは、ドイツ、イギリス、フランス、イタリアなどの国が強力な道路網を持ち、インフラ プロジェクトに多額の投資を行っています。ビチューメン乳化剤は、この地域の道路整備、舗装保護、建設活動で広く使用されています。持続可能な開発への重点と革新的な道路建設技術の採用は、ヨーロッパでのビチューメン乳化剤の需要に貢献しています。
アジア太平洋:中国、インド、日本、オーストラリアなどの国々を含むアジア太平洋地域では、急速な都市化とインフラ開発が進んでいます。これらの国の政府は、道路、橋、高速道路などの交通インフラに多額の投資を行っており、これがビチューメン乳化剤の需要を牽引しています。さらに、人口増加と自動車所有の増加により、道路の継続的な保守と建設活動が必要となり、この地域の市場成長をさらに促進しています。
ラテンアメリカ:ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、チリなどのラテンアメリカ諸国は、経済成長と都市開発を支援するためにインフラプロジェクトに投資しています。これらの国々では、道路建設やメンテナンス活動においてビチューメン乳化剤が不可欠な要素となっています。さらに、交通の接続性の改善と道路の安全性の強化に重点が置かれているため、この地域ではビチューメン乳化剤の需要が高まっています。
中東およびアフリカ:中東およびアフリカ地域では、都市化、人口増加、交通インフラへの投資によって、重要なインフラ開発の取り組みが進んでいます。ビチューメン乳化剤は、高速道路、空港、都市道路など、さまざまな道路建設プロジェクトで使用されています。さらに、既存の道路網の修復と高度な道路建設技術の採用も、この地域の市場成長に貢献しています。
全体として、ビチューメン乳化剤市場の地域分析は、世界各地の多様なインフラニーズ、政府の取り組み、建設活動を反映しており、各地域のビチューメン乳化剤の需要に影響を与えています。


主な開発:


ビチューメン乳化剤市場における重要な開発は、業界の需要と規制基準を満たすための革新に重点が置かれていることです。メーカーは、性能と環境の持続可能性を向上させた乳化剤を開発するための研究に投資しています。ポリマー改質ビチューメン (PMB) エマルジョンの採用は、その特性の向上により増加しており、高性能道路建設のニーズに応えています。業界関係者間の協力により、新しい乳化剤配合の迅速な開発と商品化が促進されます。これらの取り組みは、道路建設とメンテナンスの進化するニーズを満たしながら、技術と持続可能性を進歩させるという業界の取り組みを強調しています。


紹介されている主要企業の一覧:


アルケマ グループ (フランス、コロンブ)
Evonik Industries (エッセン、ドイツ)
Croda International (スナイス、英国)
トライステートアスファルトLLC(米国ニューヨーク)
ヌーリオン(アムステルダム、オランダ)
RAHA アスファルト (イラン、イスファハ)
オパールペイントプロダクツ(インド、ノイダ)
RXマリンインターナショナル(インド、ムンバイ)
花王株式会社(東京)
T-Pave International(シンガポール、ガーデンシティ)
Ingevity Corporation(米国サウスカロライナ州)